おすすめアニメ【殺戮の天使】の登場人物、あらすじ、見どころ

殺戮の天使 ホラー

今回紹介する、おすすめアニメ「殺戮の天使」は
星屑KRNKRNさんによるホラーゲームで、
スマートフォンアプリ、Nintendo Switch、Windowsといった機種で
販売されており、2018年にはJ.C.STAFF制作によって全16話の
テレビアニメが放送されました。

ビルの地下で記憶を無くして目覚めた
主人公の少女レイチェル・ガードナーと、
殺人鬼・アイザック・フォスターの脱出劇が描かれていきます。

おすすめアニメ【殺戮の天使】あらすじ

ビルの地下の最下層で目を覚ました主人公のレイチェルは
記憶を失っていて、覚えていることは地震の名前のみ。

なぜ自分がここにいるのか、分からずにいました。

ひとまず地上を目指して出口を探し始めた彼女の前に、
顔を包帯で隠して大きな鎌を持った殺人鬼の男・ザックが現れます。

ある理由から「死にたい・殺されたい」と願うことになったレイチェルは、
ザックに自身を殺してほしいと願い、頼むことになるのですが、
ザックはレイチェルの頭の良さを見込んでビルの脱出を手伝うように言うのでした。

ビルの脱出が成功した際には、レイチェルを殺すという約束をし、
奇妙な契約を結んだ2人は共に出口を探しに進んでいきます。

こうして、2人のビルからの脱出劇が始まるのでした。

おすすめアニメ【殺戮の天使】登場人物

レイチェル・ガードナー

レイチェル・ガードナー

本作の主人公で、金髪碧眼の少女です。
頭が良く冷静沈着な性格をしており、
神という存在を信じ、神の言うことは絶対だと信じ切っています。

ザックと出会った当初は
自分の事を殺してくれる存在と考えていましたが、
一緒に過ごし脱出を目指しているうちに
彼への意識が変わっていきます。

アイザック・フォスター

アイザック・フォスター

ビルの最下層を担当する殺人鬼の青年です。
本作のもう一人の主人公で、
体の火傷を隠すため、包帯を巻いています。

短気で単純な性格をしており、行動には粗暴さが目立ちます。

ダニエル・ディケンズ

ダニエル・ディケンズ

自称・レイチェルの主治医である白衣を着た男性です。

温厚そうには見えますが、
彼曰く今まで見てきた中で一番美しいと言う
レイチェルの目に対し、執着している様子がみられます。

エドワード・メイソン

エドワード・メイソン

カボチャのような覆面をしている少年で、
レイチェルの事が好きな様子です。

一目惚れした大好きなレイチェルのことを
「殺したい」と願うようになり、
レイチェルの墓を作り2人を待ち受けます。
ザックに対して嫉妬している様子が見受けられます。

キャサリン・ワード

キャサリン・ワード

自分を断罪人と称する看守です。

陽気な性格をしていますが、
冷酷なサディストで明るい口調で
生きたままの人間を様々な拷問をかけています

おすすめアニメ【殺戮の天使】見どころ

記憶を失った少女と殺人鬼の奇妙な誓い

記憶を失っているレイチェルは、
ある出来事をきっかけに「殺されたい」と願うようになっていきます。

最初はレイチェルを殺害しようと追いかけるザックでしたが、
レイチェルの目を見て幸せそうにしていたダニエルを襲ってしまい、
裏切り者として自身も生贄とされてしまいます。

ビルから脱出するためにはレイチェルの知識が必要と考え、
彼女を殺す代わりに脱出するために手を貸してもらうという約束を結びます。

その奇妙な関係性と約束が本作品の重要な点であり、
大きな魅力の1つですね。

クレイジーな登場人物たち!

殺されたいと願う主人公のレイチェルもそうですが、
殺人鬼のザックやレイチェルの目に固執している医者のダニエル、
一目ぼれした相手を殺したいと願って
先に墓まで作ってしまうエドワードなど、
個性的なクレイジーなキャラクターたちが登場します。

どんな行動をしてくるのか予想がつきにくく、
見ていてドキドキしてきますね。

また、物語では登場人物たちが
どうしてそういった考えや行動に至ったのかという話も描かれていて、
視聴者の心を揺さぶってきます。

そんな、一筋縄ではいかないような人物たち相手に、
レイチェルとザックはビルを脱出することができるのでしょうか。

まとめ

原作が探索型ホラーゲームということもあって、
他ではあまり見ない設定が特徴的な作品となっている
「殺戮の天使」ですが、その魅力はずばりクレイジーさにあると思います。

物語の設定もそうですが、
登場人物たちの考え方や行動は他のアニメ作品では作り出しにくいですよね。

サイコホラーというのもあまり見ないジャンルですので、
怖いものが好きな人、緊張感のあるアニメが好きな人は是非、視聴してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました