おすすめアニメ映画【ダンまち】あらすじ、登場人物(声優)、アニメとの関係は?

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

『ダンまち』とは
『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の愛称で、
原作はライトノベルで2013年から連載しております。

アニメは、1期が2015年から放送されており、
2020年7月には3基放送が予定されているほどの人気作品。

そんなおすすめアニメ『ダンまち』シリーズについて、
今回は2019年2月に公開された
劇場版作品『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか -オリオンの矢-』について詳しく紹介していきます!

おすすめアニメ映画【ダンまち】あらすじ

迷宮都市(オラリオ)にて
神時代以前より受け継がれている【神月祭】。

冒険者ベル・クラネルと、
彼の主神であるヘスティアも【神月祭】に参加していました。

屋台やイベントを楽しむベルたち。

そして、アルテミスとヘルメスがクリスタルの台座に刺さった槍を
引き抜けるものがいるかというイベントを開催しているのに出くわします。

そして、色々な冒険者が試してみても抜けない槍を
ベルが見事引き抜いて見せるのですが、
その槍こそが古代にて大精霊によって
遺跡に封じ込められていたモンスター、アンタレスを倒す
唯一の武器『オリオンの矢』なのでした。

おすすめアニメ映画【ダンまち】登場人物(キャラクター)声優

ヘスティア(CV:水瀬いのり)

ヘスティア

巷で『ロリ巨乳』とあだ名されている三大処女神の一人。
ベルが好きすぎて、彼以外のファミリア団員を増やそうとしない。

ベル・クラネル(CV:松岡禎丞)

ベル・クラネル

英雄になることを目標にオラリオに来た冒険者の少年。
史上最速でランクアップした快挙から都市を騒がす冒険者に成長。

アルテミス(CV:坂本真綾)

アルテミス

ヘスティアと同じく三大処女神の一人で、
規律を重んじる性格。
神々には珍しく、自ら前線にでることも。

リリルカ・アーデ(CV:内田真礼)

リリルカ・アーデ

サポーターとしてベルに付き添う少女。
変身魔法や機転の効く優れた頭脳を持っている。

ヴェルフ・クロッゾ(CV:細谷佳正)

ヴェルフ・クロッゾ

ベルとパーティを組んている鍛冶師で、ベルとは専属契約を結んでいる。
有名な魔剣の鍛冶師でもあるが、本人は魔剣を嫌っている。

ヘルメス(CV:斉藤壮馬)

ヘルメス

【豊穣の女主人】で働いているエルフの少女。
その実態は、LV4で屈強な冒険者であるが、普段は身元を隠している。

リュー・リオン(CV:早見沙織)

リュー・リオン

ベルのファンだと自称している男神。
世情に詳しく、そこが見えない人物で、
今回も騒動を運んでくる。

おすすめアニメ映画【ダンまち】アニメとの関係

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか -オリオンの矢-』は
原作にはないオリジナルストーリとなっており、
そのためアニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」とは
直接的な関わりが薄い作品となっております。

また公開時期も2期より前になっておりますので、
登場するキャラクターもほぼ1期に出てきたキャラのみの活躍となっています。

まだ『ダンまち』シリーズを未視聴の方は
劇場版作品の『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか -オリオンの矢-』は
1期と2期の間に見るのが、一番オススメです!

まとめ

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか -オリオンの矢-』は
ヘスティアと同じく三大処女神の一人であるアルテミスを中心に描かれたストーリー。

彼女の過去からの思いと、
それを叶えて欲しいと懇願するヘスティア、
そして覚悟を決めるベルなど、非常に見ごたえのある作品です!

以上おすすめアニメ映画『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか -オリオンの矢-』についてでした。

最後まで読んでいただきありがとうございした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました