おすすめアニメ【ダーウィンズゲーム】リュージのシギルの能力(トゥルーオアライ)

リュージのプロフィール ダーウィンズゲーム

『ダーウィンズゲーム』は別冊少年チャンピオンにて連載されている
FLIPFLOPs原作のコミック作品であり、2020年1月からアニメの放送が開始されました。

リュージは主人公・スドウカナメが結成した
クラン・サンセットレーベンズのメンバーであり、
主要な登場キャラクターの1人となります。

今回はそんなリュージのプロフィールや、
彼が所有する異能力・シギルについて紹介していきたいと思います。

アニメ:ダーウィンズゲームのリュージのプロフィール


リュージのプロフィール
ダーウィンズゲーム内での名前はリュージであり、
本名は前坂隆二(マエサカリュウジ)といいます。

年齢は21歳で、見た目は肩まで伸びた茶髪を携えた青年です。
ゲーム内で戦闘を行う際はドクロのマスクで顔を覆い、
防弾チョッキを身に着けています。

武器には機関銃を使用し、まるで軍人の様な完全武装に
身を包んでいることが特徴の一つです。

彼が初登場するのはアニメ3話で、
ダーウィンズゲーム内で開催されたイベント『宝探しゲーム』の
序盤においてカナメの敵として立ちはだかります。

戦いに消極的な姿勢を見せるカナメを見逃すリュージですが、
直後に花屋・ヒイラギイチロウのシギルに操られてしまい、
再び敵としてカナメに襲い掛かることになりました。

カナメが花屋を撃退することで正気を取り戻したリュージは、
一時的な共闘関係を結ぶことをカナメに提案されるも、一度はこれを断ります。

しかし、クラン・エイスの王(ワン)がイベントに参加していることを知り、
カナメの協力に応じることになります。

イベントの終盤、リュージは王に追い詰められ窮地に陥りますが、
その際にカナメがリュージを見捨てるという“嘘”をついたことから
彼に感謝の念を抱き、イベント終了後にカナメが立ち上げた
クラン・サンセットレーベンズに加入しました。

アニメ:ダーウィンズゲームのリュージのシギルは?


リュージのシギルは『嘘発見器(トゥルーオアライ)』です。

文字通り嘘を見分けることが出来るシギルであり、
会話を交わした相手が嘘を言っているかどうかを判別できます。

直接戦闘の役に立つ能力ではない(そのことをリュージは残念がっている)ものの、
相手との駆け引きや交渉には効果を発揮する能力です。

弱点としては、相手が間違ったことを真実と誤認している場合は、
それを嘘と判別することが出来ません。

また、あくまで嘘かそうでないかの2択でしか判別できないため、
リュージ自身にもそれなりの駆け引きを要求する能力でもあります。

アニメ:ダーウィンズゲームのリュージと王(ワン)の関係は?


リュージと王(ワン)
リュージは王(ワン)に対して恨みを抱いていました。

リュージには同じダーウィンズゲームのプレイヤーだった弟がいて、
二人でクランを組んで活動していました。

しかし、ある時その弟を目の前で惨殺されてしまい、
それ以来復讐を果たすために王(ワン)を追いかけていたのです。

リュージは『宝探しゲーム』でカナメから協力を要請された際、
自身を操った花屋が味方にいることを理由にその要請を断っていますが、
王(ワン)がイベントに参加していることを知るや否や、
カナメにすぐさま協力を申し出ています。

手段を選ばない程には王(ワン)に対する恨みは深いということなのでしょう。

また、『宝探しゲーム』の終盤では瞬間移動のシギルを持つ王(ワン)に対して、
常に距離を保ち続けるよう銃撃を行うという戦術を用いており、
王(ワン)に対して復讐心を持ちながらも、
強敵である王(ワン)を相手とした戦い方を組み立てていたという、
理知的な一面を覗かせてもいました。

『宝探しゲーム』後は、サンセットレーベンズとエイスが行ったクラン戦において
チームで王(ワン)を打倒しており、リュージは無事に復讐を果たしています。

まとめ


・リュージは『宝探しゲーム』の際にカナメと出会い、王(ワン)を打倒する為に一時的に共闘。カナメの人柄に惹かれ、イベント後はカナメが立ち上げたクラン・サンセットレーベンズに加入した。

・リュージのシギルは『嘘発見器(トゥルーオアライ)』であり、相手が嘘を言ったかどうか判別できる。戦闘の役には立たないが、駆け引き・交渉において力を発揮する。

・リュージは弟を殺されたことから王を恨んでおり、復讐の為にカナメに協力した。後にサンセットレーベンズとエイスのクラン戦において王を倒し、復讐を果たした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました