おすすめアニメ【ソードアート・オンライン(3期2部)】登場人物、あらすじ、見どころとは?

ソードアート・オンライン ソードアート・オンライン

数多くのアニメを放送してきたソードアート・オンラインシリーズ。

今回紹介する
『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』は
SAOシリーズの中でも屈指のスケールで描かれております。

過熱するアンダーワールド全土を巻き込んだ《人界》軍と闇の軍勢の戦争。

そして過去に登場してきたキャラクター達の再登場など、
今までのSAOシリーズのファンなら必見の
おすすめアニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』について、
詳しく紹介していきます!

おすすめアニメ【ソードアート・オンライン(3期2部)】のあらすじ

《人界》軍と闇の軍勢の戦争は
《光の巫女》アリスの奪取を目論む《ダークテリトリー》軍ガブリエル一派と、
世界を守ろうとする《人界》軍アスナたちの戦いへと戦局は動き出します。

《暗黒神ベクタ》ことガブリエルは
米国プレイヤーをログインさせ《人界》軍の一挙殲滅を狙います。

しかし、アンダーワールド創世の神の名を冠する
3つのスーパーアカウントでアスナ達は対抗!

《創世神ステイシア》のスーパーアカウントを得たアスナ。
《太陽神ソルス》のスーパーアカウントを得たシノン。
《地神テラリア》のスーパーアカウントを得たリーファ。

それぞれがそれぞれの戦いを繰り広げている中、
未だキリトは精神世界の奥深くで眠り続けている状況。

ALOのプレイヤーたちも《人界》軍側へ参戦し、
大戦はアンダーワールドの存続だけでなく、
人類の未来をかけた戦いになっていくのです。

おすすめアニメ【ソードアート・オンライン(3期2部)】の主要登場人物

キリト

キリト
最高司祭アドミニストレータとの戦いで
ユージオがいなくなった後、
現実世界との通信中に謎の衝撃に襲われ、
心神喪失状態になってしまう。

アリス

アリス
最高司祭アドミニストレータに背いた《整合騎士》。
キリトとともに、故郷のルーリッドの村に身を寄せている。

アスナ

アスナ
行方不明となった恋人のキリトを探している中で、
【プロジェクト・アリシゼーション】の真実を知ります。

シノン

シノン
GGOでキリトと出会った少女。
キリトやアスナに危機が迫っていると知って、
ラース六本木分室へと向かいます。

リズベット

リズベット
アンダーワールドに送り込まれたアメリカ人プレイヤーに
対抗するためにALOユーザーに協力を要請、説得します。

シリカ

シリカ
SAOでキリトに助けられた少女。
リズベットと共にALOユーザーを説得し、
自らもアンダーワールドに向かいます。

リーファ

リーファ
キリトの義理の妹。
キリトやアスナに危機が迫っていると知って、
ラース六本木分室へと向かいます。

ユイ

ユイ
キリトとアスナを親と慕う人工知能。
ラースに潜入した特殊工作チームの目的を知って、
キリトの友人たちに助けを求めます。

クライン

クライン
ギルド風林火山のリーダー。
友人のキリトの危機を知り、アンダーワールドへと向かいます。

エギル

エギル
ダイシーカフェというカフェバーを経営している黒人男性。
キリトへの借りを返すため、友人たちとアンダーワールドへと向かいます。

アニメ【ソードアート・オンライン(3期2部)】の見どころ

今までキリト中心に描かれていたSAOシリーズとは違い、
今作はキリト以外に焦点を合わせた作風となっています。

キリトの活躍が見たい方にも少し物足りないかもしれませんが、
それを補って余りあるほどの魅力が
『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』にはあります。

キリトのピンチに今までの過去キャラクターの登場には
シリーズファンなら懐かしさと同時に込み上げてくるものがあるのではないでしょうか。

また最新作ということもアクションもこれまで以上に進化していて、
非常に見応えのある出来栄えです。

どうしても3期3部、続編への繋ぎとしても十分な魅力があり、
次回への期待が高まるのでSAOシリーズファンなら必見のアニメです!

まとめ

今までのSAOシリーズと違い、キリトの出番が少ない今作。

その代わり今までのキャラクターが再登場し、
活躍の場が与えられているのはファンなら垂涎ものですね!

3期3部は2020年7月放送予定となっており、
続編への期待が高まっていきます!

以上おすすめアニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』についてでした。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました