おすすめアニメ【ダーウィンズゲーム】イヌカイのシギルの能力(スピードスター)

【ダーウィンズゲーム】イヌカイのシギルの能力(スピードスター) ダーウィンズゲーム

この記事では
人気アニメ【ダーウィンズゲーム】のイヌカイの
シギルの能力(スピードスター)ついてご紹介していきたいと思います。

この中では私の考察などを交えて紹介したいと思います。

では人気アニメ【ダーウィンズゲーム】のイヌカイの
シギルの能力(スピードスター)ついてみていきましょう。

アニメ【ダーウィンズゲーム】イヌカイのプロフィール

【ダーウィンズゲーム】イヌカイのプロフィール

名前:イヌカイ
性別:男性
シギル:韋駄天足(スピードスター)
クラン:「ダンジョウ拳闘倶楽部」から「サンセットレーベンズ」へ移動
スキル:格闘技
戦闘スタイル:三節棍(さんせつこん)
他:根本的には優しい性格。好戦的。自信過剰。

【ダーウィンズゲーム】においてカナメにバトルを挑むが、
当初弱いカナメに油断して、
自身の携帯を取られてしまい降参しました。(天然でしょうか・・・)

【ダーウィンズゲーム】をカナメよりも知っていた為、
色々と役に立つアドバイスをしてくれ、
仲間になると頼りになる人物となっていますね。

アニメ【ダーウィンズゲーム】イヌカイのクランは?

【ダーウィンズゲーム】イヌカイのクランは?

クランとは所属するチームの事を表します。

クランにはそれぞれ拠点が存在し、統率者が存在しています。

当初イヌカイは「ダンジョウ拳闘倶楽部」に所属していました。

「ダンジョウ拳闘倶楽部」はシンジュクを拠点とし、
リーダーはダンジョウ/アレクセイ・ベルジェンニコフです。

ダンジョウは実はロシア人で空手の胴着を着ています。

ダンジョウは過去に行われたイベントのクリアしたので、
【ダーウィンズゲーム】運営にランクマッチバトルの代わりとして、
興行試合でポイントマッチを許可してもらっている状態です。

「ダンジョウ拳闘倶楽部」以前から
「サンセットレーベンズ」とは友好関係にありました。

【ダーウィンズゲーム】において死者を出すことを否と考えるカナメと、
興行伸びを危惧していたダンジョウの思考が重なるのですね。

そしてトリニティをプロモーターとするという条件の元、
「サンセットレーベンズ」と改めて提携を結ぶに至りました。

「ダンジョウ拳闘倶楽部」に所属していたイヌカイが
「サンセットレーベンズ」へと所属が移った理由は破門によるものです。

その破門の理由というのが、カナメに対して許可なく、
しかも同盟関係にある「サンセットレーベンズ」に対して、
個人の思考で私闘を挑んだことに他なりません

(きっと血の気が多いのでしょうね。)

カナメに敗北したのにち、破門という形でもありますが、
カナメ率いる「サンセットレーベンズ」へと加入することになったのです。

アニメ【ダーウィンズゲーム】イヌカイのシギルは?

【ダーウィンズゲーム】イヌカイのシギルは?
シギルには等級と分類が設けられています。

イヌカイのシギルは「韋駄天足(スピードスター)」。

このシギルの特徴は自身のスピードを
数段階に分けて上げることができるという能力です。

身体強化なのでイヌカイのシギルは獣級の等級になりますね。

分類としては身体変化に値しますね。

自身の肉体強度が上がるわけではないので、
加速だけに任せて打撃等を行うと、
自分の身体が故障してしまいます。まさにもろ刃の剣。

しかしこれは訓練や使い方次第で、
その力は無限にそして最大限に引き出し高めることができます。

イヌカイ自身がキックボクシングをしていた為に、
格闘技のスキルは高く、当初は武器を使用して戦う事はせずに
素手で戦うスタイルをとっていました。(プライド高っ)

しかし雪蘭に徒手格闘の才がないと断言されてしまいます・・・
(さすが雪蘭オブラートに包まない)

イヌカイは自分の戦闘スタイルを変えることに迷います。

考えぬいた結果として、
プライドだけでは強くなれないと(賢明)な判断を下し
、戦闘スタイルを変更するに至ります。

イヌカイの新しい戦闘スタイルは三節棍(さんせつこん)の使用。

三節棍とは長さ約50~60cm、太さ約4~5cmの3本の棒を、
鎖や紐、金属からなる環などで、
一直線となるように連結した武器になります。

カンフー映画で使うヌンチャクのようなイメージでしょうか?

まとめ

まとめ
今回は【ダーウィンズゲーム】のイヌカイの
シギルの能力(スピードスター)などについて紹介しました。

性格なども少しわかりましたね。

戦闘スタイルを変えたイヌカイの今後の活躍に期待ですね。

それにシギルは自身の努力次第で最大限の力を引き出すことが可能です。

今後イヌカイが大きく変わっていく可能性も高いため、
非常に楽しみなところです。

最後まで御愛読ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました