おすすめアニメ【亜人(あじん)】登場人物、あらすじ、見どころは?

亜人 ファンタジー

『亜人』(あじん)は、桜井画門による漫画作品。
『good!アフタヌーン』(講談社)にて、2012年7月から連載中。

2016年1月に1クール目、2016年10月に2クール目が放映されたアニメです。

今回はそんなおすすめアニメ『亜人』のあらすじ・登場人物・見どころについて
紹介したいと思います。

 

おすすめアニメ【亜人(あじん)】のあらすじ

死なないことが特徴の「亜人」。病死・事故死など、
どのような原因で死んだとしても瞬時に体を再生させ、
完璧な状態で復活する。

そんな未知の生命体に人類はさまざまな利用価値を考える。
しかし、「死ななければ、わからない」という亜人の特徴上、
発見が難しく、亜人の数を把握することは困難だった。

進学校に通う高校三年生の永井圭は下校時、
トラックに轢かれる交通事故に合い、死亡する。

しかし、すぐ蘇生する。このことを友人含め、
多くの一般人に目撃され、大々的に報道されたことをきっかけに、
国内3例目の亜人であることが発覚。

圭は警察及び亜人管理委員会や賞金を狙う全ての人間から追われる身となる。

追われる圭は幼なじみの海斗に手伝ってもらい、
警察の包囲網を突破し、さらなる逃走を図るのだが・・・

おすすめアニメ【亜人(あじん)】の主要登場人物

永井 圭 (CV:宮野真守)

永井 圭

進学校に通う高校三年生。

下校時にトラックにひかれる交通事故を
きっかけに国内3例目の亜人であることが発覚。

妹の病気を治すために医者を目指しており、非常に頭が良い。

幼いころから一度見たものを大抵は覚えられる、
亜人の特性を瞬時に理解する頭の回転の速さ、
鋭い観察眼などスペック非常に高い。

海斗(CV:細谷佳正)

海斗

圭の幼少時からの友人。

圭からは自分が犯罪者の息子ということで一方的に関係が絶たれたが、
疎遠になっても圭のことを友人だと思っている。

前向きな思考で行動をし、亜人に対して理解のある態度・行動をする。

佐藤(CV:大塚芳忠)

佐藤

亜人でテロリスト。

亜人研究機関や戸崎からは「帽子」と呼ばれている。

一般の人間に対して、テロ行為を行うが、
亜人に対する人間への報復ではなく、
ゲーム感覚で人間社会に対して過激な行動を取ろうとする精神的に狂った人物。

戸崎 優 (CV:櫻井孝宏)

戸崎 優

厚生労働省から派遣された亜人事件担当職員。

佐藤のテロ行動を阻止するために、様々な作戦を考える。

亜人を見下しており、亜人に対する残虐な虐待を見ても顔色一つ変えない冷徹な人間。

 

おすすめアニメ【亜人(あじん)】の見どころ

主人公:永井圭の心情の変化

永井圭の心情の変化

圭は、妹:慧理子から「クズ」と称されるほど利己的かつ合理的な性格です。

その性格は少年のころからで、
小さい時に慧理子と一緒に仲良くしていた友人の海斗が
犯罪者の子供であることを知ると、
将来医者になることへの妨げになるという理由で
一方的に関係を断つなど自身の損得勘定で冷徹な判断をしています。

それは、亜人発覚後に海斗に手助けしてもらった後にも、
海斗を裏切るという行為を行っています。

しかし、逃亡の果てに助けてくれた人への感謝などを感じており、
徐々に圭の心情に変化が現れます。

そんな心情の変化が物語にどのように影響するのか見どころです。

3DCGによるアニメ作画

3DCGによるアニメ作画

本作品は、3DCGメインで製作されており、
レンダリングをセル画のように出力することで
自然なアニメーションを実現しています。

「黒い幽霊」と呼ばれる亜人が操ることができる
自身の分身のような存在を3DCGで表現しており、
得体のしれない不気味な様子が際立って描かれています。

また「黒い幽霊」同士の戦闘シーンなども、
不気味な存在の実際には想像しにくい様子をよく描いており、
のめりこむことができます。

 

まとめ

今回は、おすすめアニメ【亜人】のあらすじ、登場人物、見どころについて紹介しました。

主人個の心情の変化に伴う行動がどのように物語を描いていくのか、
3DCGによる多彩な表現など楽しむことができる作品だと思います。

是非観ていただきたい作品の一つです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました