おすすめアニメ【ダーウィンズゲーム】レインのシギルの能力(ラプラス)

レイン ダーウィンズゲーム

生き残りをかけたゲームが
繰り広げられる「ダーウィンズゲーム」。
全ての参加プレイヤーに付与される超能力「シギル」は
プレイヤーによって効果が違い、戦闘に大きくかかわってきます。

「逃げることの何が悪い」と、
敵を倒して戦闘を終了させることが主流となっているゲームの中で、
逃げる主に逃げる手法を取る珍しい人物のレインですが、
そのシギルは彼女の戦法と相性が良く、
主人公・カナメと共に属するチームでもその存在感を発揮してくれます。

そんな「逃げ専」であるレインのシギルを紹介していきます。

アニメ:ダーウィンズゲームのレインのシギルは?


その名も「ラプラス(世界関数)」というもので、
実在したフランスの数学者が提唱した
「ラプラスの悪魔」という考え方が元のネタになっています。

その能力は「周りの動きを予測する」というもの。
例えば、自分が敵に認知された場合に、
敵が次にどのように動いてくるかを予想することができます。

多対一の状況でも敵の合間を縫って逃げ出したり、
攻撃を予測して回避することができるため、
逃げる事を主として戦法を組む彼女にはうってつけですね。

そして、
周りの動きの予測の他にも、自分自身に使用することによって
「自分の中に眠っている答え」を引き出すことができる
「内界観測」という使い方もあります。
この使い方は謎解きや答え探しに特化しており、
彼女が持っている知識や経験から数多くの過程・試算を繰り返して、
正解を導き出します。

渋谷で行われた、宝探しゲーム編では
その能力が勝敗を決する大きな一手となりました。

また、ラプラスは攻撃をするためのスキルとしても大きく貢献します。

特に狙撃に関しては、周りの動きの予測が出来るため
高い精度を持った攻撃ができるようになります。
遠くからの狙撃ももちろんですが、
車のタイヤといった大きく動く的に対しても当てることができるところを見ると、
その能力の高さが伺えますね。

このように、
逃げと情報分析そして攻撃と非の打ちどころがないと思える
レインのラプラスですが、決して万能ではなく、弱点も存在します。
彼女の能力の弱点とはなにか? こちらも紹介していきます。


アニメ:ダーウィンズゲームのレインの弱点


ラプラスは敵の行動の予測はできますが、
自身の身体能力を向上させるものではありません。
したがって、
どれだけ予測しても回避できないほど身体能力に差がある場合には、
その効果を発揮することは難しくなります。

加えて、空間転移など知覚することが難しいシギルにも相性が悪く、
彼女の能力だけを頼った作戦というのは立てにくいという現状があります。

自分自身の内なる答えを導き出す「内界観測」においても、
作中で初めて使う際には「あまり使いたくない」と言っており、
使用している間は無防備になることと、体力の消耗が著しく使用する際には
慎重な判断が必要となっています。

利点だけ見ると、万能な能力にように思えますが、
考えて使用しないとダーウィンズゲームは勝ち残れなさそうですよね。
逃げることを恥じず、思慮深いレインだからこそ、
使いこなせているシギルだと言えそうです。


アニメ:ダーウィンズゲームのレインのプロフィール

そんな強力なシギルを持っている
彼女の本名は「柏木 鈴音(かしわぎ れいん)」と言い、年齢はまだ13歳。
逃げることを主にする戦法や、
冷静な判断ができる彼女がなぜゲームに参加したかというと、
友達の澪からゲームの招待メールが送られてきた時にボタンを押してしまったためであり、
内容を知っていれば参加しなかったのではないかと思えますね。

1人で生き残るだけの能力や、
「情報屋」として活動できるほどの高い情報収集力を持っていますが、
お菓子を食べる事が好きだったりと年齢らしい一面が見えることも。

今後、物語がどのような展開を見せていくのが想像もつきませんが、
彼女には生き残ってほしいと願うばかりですね。

ご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました