おすすめアニメ【ランウェイで笑って】都村育人のプロフィール、家族構成、デザイナーの夢

都村育人 ファッション

2020年1月より放送されていたアニメ「ランウェイで笑って」。

原作は「週刊少年マガジン」で2017年から連載されています。

第95回(2016年)週刊少年マガジン新人漫画賞で、
史上4人目となる「特選」に輝いた猪ノ谷言葉のデビュー作品です。

2018年漫画大賞では6位にランクインされました。

少年漫画では異色のファッションを題材とした作品です。

低身長でもパリコレを目指すヒロイン・藤戸千雪と
デザイナーを目指す主人公・都村育人。

そんな二人が逆境に立ち向かいながら
それぞれモデルとデザイナーの世界でトップに至るまでの物語。

アニメ【ランウェイで笑って】都村育人のプロフィール

都村育人のプロフィール

高校3年生。

優しいが少し後ろ向きな性格ですが、
服を作ることに対しての熱意はとても強い。

ファッションデザイナーになるのが夢です。

母子家庭で4人兄妹の長男。

母親は過労で倒れて入院中なのに内職をして看護師さんに怒られていました。

家庭が経済的に困窮していて、
高校2年の体育祭には白米ともやしだけの弁当を持参したことで
「もやし弁当」と呼ばれていました。

幼いころから母親や妹たち、周りの人のために服を作っていました。

高校では手芸部。他に部員はいないため千雪と知り合うまでは一人で過ごしています。

高校卒業後は家族のために夢をあきらめ就職することも考えていました。

デザインから型を起こす「パタンナー」としては天才的な資質を持っています。

そして、着る人に寄り添った服作りは得意だが、奇抜なデザインはあまり得意ではないみたいです。

妹のほのか曰く、「料理は下手だが、コーヒーを淹れるのは上手い」そうです。

アニメ【ランウェイで笑って】都村育人と藤戸千雪の関係

都村育人と藤戸千雪の関係
 

高校のクラスメイト。

進路希望票を日直の千雪に育人が提出したことで
千雪は育人がデザイナーになりたいことを知ります。

「家族のために就職」することを決め
「自分の夢を叶えるために進学」を諦めようとしていた育人。

そんな恵まれない環境・境遇の育人に自分を重ねてしまう千雪。

しかし「諦めない!折れない!心」を持つ千雪は育人に
「私が魅力的に見える服を作って」とお願いをします。

そして、千雪は育人が作った服を着て
父の事務所「ミルネージュ」のオーディションに合格しました。

ここから千雪のトップモデルへの道がはじまりました。

また、育人はオーディション当日の千雪の着ていた服をとある雑誌の
街角スナップで見た超人気モデルセイラがSNSで投稿したのを
きっかけに千雪の父でありミルネージュの社長からデザイナーにならないかと誘われる。

その後、育人は柳田一のブランドで手伝い始めました。

柳田一のブランドで働き始めた翌日。

東京コレクションで当初予定していたモデルの都合により
代役で来た千雪のために柳田のデザインした服を
育人が作り直すことになります。

時間もない中、育人はどんどん焦りはじめますが、
そんな育人を千雪は励まします。

強がってはいたが、千雪も緊張で手が震えていました。

それに気づいた育人が心を持ち直し、
完璧とは言えないまでも見事に観客に拍手をもらえるほどの服を作り直しました。

「諦めない!折れない!心」を持つ千雪に引っ張られる育人と、
成長していく育人に負けないように強くいようとする千雪。

お互い高い壁に向かう戦友として切磋琢磨しています。

アニメ【ランウェイで笑って】都村育人の夢は?

都村育人の夢は?

育人の小さい頃から
「ファッションデザイナーになりたい」という夢を持っていました。

柳田一にどうしてデザイナーになりたいのかと問われます。

その問いに対して育人は考えます。

そして、それまでに自分が作った服を着た人たちが
笑顔になってくれたことを思い出しました。

そこで「着た人が笑顔になる、
そんな服をつくれるデザイナーになりたい。」と育人の夢が明確になりました。

育人のもうひとつの夢は「母親の喫茶店を復活させること」です。

これは育人だけでなく兄妹みんなの夢です。

そのために貧乏ながらにも兄妹みんなで協力して生活しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

少年漫画ではありながら、ファッション業界のお話。

しかし、少年漫画らしく努力や友情、家族愛が見える作品となっています。

原作はまだまだ連載中なのでアニメも期待したいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました