おすすめアニメ【ランウェイで笑って】藤戸千雪のプロフィール、家族、夢は?

藤戸千雪 ファッション

少年漫画と言えば格闘もの!というイメージが強い中
ファッションデザイナーという舞台、
更に少女漫画を思わせるかのようなキャラクターで
少年誌の中で活躍する『ランウェイで笑って』。

今回はこの作品の主人公を支えてくれる
ヒロイン、藤戸千雪について探ってみましょう!

アニメ【ランウェイで笑って】藤戸千雪のプロフィール


藤戸千雪は、身長158㎝・体重40㎏。

父親はモデルやアパレル事業をしている『ミルネージュ』の社長で
千雪は小さい頃からモデルに囲まれた世界で生きてきました。

小さい頃から将来有望なモデルと言われていたものの、
あと20㎝伸びたら正式なモデルになれると
本人も周囲も期待していたところ、
成長期に身長が思ったように伸びず、
父親にも、
そしてパリコレにも参加したことのある先輩モデル
雫にも
お前にはモデルの才能がないといわれ続けてしまいます。

高校三年生になり、
女の子としてはこれ以上身長が伸びる可能性がない状態でも
夢をあきらめきれずに、今日もまた、オーディションを受けに行く、
不屈の精神の持ち主なのです。

アニメ【ランウェイで笑って】藤戸千雪と都村育人の関係


ある日、日直で進路希望を集めることになった千雪。

同じクラスメイトでありつつも
クラスの中で存在感の薄い都村育人が、
自分が提出した進路希望用紙を修正したいと
千雪を訪ねてきました。

その後、なかなか提出しに来ない育人を追いかけて
被服室にこもっているという育人を訪ねると、
育人がパリコレのDVDを見ていたことで
千雪は育人に関心を持ち始めます。

そこから服に対する情熱、
でも、環境を理由にあきらめようとしている育人に
どこか自分と同じようなものを感じた千雪。

自分の夢をあきらめかけていた千雪は
育人と出会うことで、自分のわだかまりがはっきり見え、
身長が問題にならないくらい
自分だけのスタイルで勝負できるモデルを目指すことを決めます。

その手始めに育人に自分に似合う服を作ってもらい、
その服を着て、
父親の会社、『ミルネージュ』のオーディションを受けに行く千雪。

オーディションを受け続ける千雪を
何度となく『才能がない』と告げ続ける雫が
育人の服を身にまとった千雪をみて、
1%の可能性に掛けてみることにします。

無事、モデル契約をすませたところ、
会社の前でファッション誌に写真を撮られていたことを告白し、
契約前だからセーフと、何も問題ないと思っていたけれど、
その後、トップモデルのセイラがSNSでフォローしたことがきっかけで
育人の服が大ブレイクします!

素人が作った服だというのが気恥ずかしかった千雪は
思わず、父親のブランドのものだと言ってしまったため、
会社に問い合わせが殺到してきます。

幸い、常識の通じる父親だったので
育人を呼び出して、専属契約~をするところが
高校生ということでアウト。

でも育人に才能を見出した千雪の父親が
会社から独立したデザイナーからの助っ人要請に
育人を抜擢してくれます。

が、その独立したデザイナーさんにも
高校生、知識不足、経験不足ということで
切られそうになってしまうところ、
『がんばれ』と応援してくれた千雪のことを思い出して
育人は勇気を振り絞って、その事務所に居座ります。

そしてファッションショーに初めて参加して
右往左往している育人の目の前に
緊急の助っ人モデルとして千雪が現れ、
ちびっこモデル、千雪の闘いを目の前で見ます。

因縁ならぬ因縁で
二人はいつもお互いを励ましあい、
二人でパリを目指していきます。

アニメ【ランウェイで笑って】藤戸千雪の夢は


千雪の夢はスーパーモデルを超えたハイパーモデル!

一口にモデルといっても
身長があって、やせていればいい、というわけではない。

その陰には体を作り上げる血を吐くような努力と
ステージで服を見せきるセンスと度胸。

身長こそ足りないものの、
社長令嬢だからと言って、棚ぼたじゃない、
モデルとしての資質を備えている千雪が目指すのは
モデルならだれもが憧れるパリコレでデビューすること!

自分の夢であり、
父親の会社からパリコレに出るモデルを出したい、
という父親への想いもかけ合わさっている
大切な夢なのです。

まとめ

千雪と育人は
もし、出会わなかったら、
もし、ばらばらで頑張っていたら、
二人ともいつか、夢を諦めていたことでしょう。

夢を追い続ける今も
壁にぶつかるたびに乗り越えられたのは
二人で協力して励ましあってきたからにほかありません。

憧れのパリで、二人が活躍する日が
楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました