【異世界系おすすめアニメ】おすすめ10選(異世界転生・ファンタジー・バトル)

異世界系おすすめアニメ おすすめ

この記事では
【異世界系おすすめアニメ】おすすめ10選(異世界転生・ファンタジー)について
お勧めポイントを紹介しようと思います。

この中では私の考察などを交えて紹介したいと思います。

では【異世界系おすすめアニメ】おすすめ10選(異世界転生・ファンタジー)についてお勧めポイントについてみていきましょう!

異世界アニメとは?

異世界アニメとは
主人公が転生して迷い込んだ異世界で
活躍していく作品の事を「異世界アニメ」と言います。

ジャンルとしては、
SF要素やファンタジー系要素が強く人気ジャンルとなっています!

チート連発好き放題のものから、
異性とは思えないゆるい日常生活を描いたものまで
多種多様な作品が揃っています。

「小説家になろう」という小説投稿サイトからはもちろん、
ライトノベルの作品ではもうおなじみですね。

チートあり、ギャクあり、コミカライズされえいる
異世界漫画や映像化作品など、異世界ものはさまざまな形で
現在メディアミックスされているのです。

少しづつにはなりますが、アニメの題名とあらすじをご紹介したいと思います。

【異世界系おすすめアニメ】10選 紹介・あらすじ

① Re:ゼロから始める異世界生活

ゼロから始める異世界生活
高校生ナツキスバルは突然異世界に召喚されてしまった。

エミリアというハーフエルフの少女と出会い、
エミリアの探し物を手伝うことになったスバルですが、
得体の知れない者からの襲撃にあい、命を落とす事になってしまいます。

しかしスバルは目を覚ますことになりました。

目を覚ましたスバルは、
召喚された時間と場所へと戻っていたのです。

スバルの能力は「死に戻りの力」

異世界で死んだら過去へと戻る能力を身につけていたのです。

展開が異世界ものでも珍しい暗い方向へと転落していくストーリです。

死を繰り返していくことで、
真実に迫っていき意外な結末を迎えるアニメとなっています。

【Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)】登場人物、あらすじ、見どころ

② 進撃の巨人

進撃の巨人
言わずと知れた実写映画化までされた有名アニメです。

人間を喰らい圧倒的な力をもつ、
巨人がはびこる世界が描がかれています。

圧倒的力をもつ巨人から、
身を守るために生き残っている人類
は大きな壁の内側で暮らすことを余儀なくされていました。

主人公エレンは母親を巨人に喰われた復讐心から、
壁外調査を任務とする調査兵団に入隊することを決意します。

人類VS巨人の構図の予想を覆し、
エレンが巨人化し巨人で在りながら人類として戦うという展開をみせます。

武器を使うバトルシーンやちょっと残酷に見える描写もありますが、
全体的に迫力があり、クオリティの高い作品の仕上がりとなっています。

③ ソードアート・オンライン

ソードアート・オンライン
ゲームの世界からの異世界感を舞台とした、
アニメ「ソードアート・オンライン」

主人公キリトは仮想現実世界でプレイできるという、
新しく開発された「ソードアート・オンライン」を購入します。

プレイを続けログアウトしようとするのですが、
ログアウトすることができない世界に引きずり込まれてしまいました。

ゲームをクリアしない限りは脱出できないと、
ゲームマスターからの通告をうけ、
キリトは元の世界に戻るためにゲームクリアを目指すことになりました。

一度みるとハマルという名作アニメなので、
ファンタジー系が好きな方でまだ見たことがない人は
要チェック作品となっております。

アニメ【ソードアート・オンライン(1期)】登場人物、あらすじ、見どころとは?

アニメ【ソードアート・オンラインII(2期)】登場人物、あらすじ、見どころとは?

アニメ【ソードアート・オンライン(3期1部)】登場人物、あらすじ、見どころとは?

アニメ【ソードアート・オンライン(3期2部)】登場人物、あらすじ、見どころとは?

④ この素晴らしい世界に祝福を!

この素晴らしい世界に祝福を
ひきこもりのカズマは交通事故にあって死亡します。

事故をきっかけに女神アクアにより、
異世界への転生を持ちかけられるのです。

転生の際にアイテムを一つだけ持ち込めることになったカズマは、
大胆なことに女神アクアをアイテムとして持ち込むことにしました。

異世界では平和な日々が続くと思いきや、
魔王軍に目をつけられてしまったことから、
平和ない世界ライフから思いもよらない展開へと移行していくのです。

比較的ギャク要素が多めの異世界ファンタジーアニメとなっています。

アニメ【この素晴らしい世界に祝福を!】登場人物、あらすじ、見どころとは?

⑤ 七つの大罪

七つの大罪
ヒロインであるリオネス王国の王女エリザベスは、
母国の危機を察知し、昔国を裏切ったとされる
「七つの大罪」という最強の騎士団の一行を探していました。

そこで最初の出会った青年「メリオダス」。

聖騎士長を殺したという罪を着せられていて、
メリオダスはエリザベスの願いと
真実を探るために行動を共にするようになります。

大罪という名の通り七人の大罪が出てきます。

キャラクター性がはっきりと描写されていて、
バトルシーンにも迫力があります。

メリオダスとエリザベスの因縁、
本当の関係とはいったいどんな運命なのでしょう。

アニメ【七つの大罪】の登場人物、あらすじ、見どころ

⑥ フェアリーテイル

フェアリーテイル
かつて週刊少年マガジンで連載されいた漫画である
「フェアリーテイル」を原作とし、アニメ化された作品です。

魔導師ギルドと呼ばれる集団の中で、
特によく問題を起こすお騒がせ集団として登場するのが、
「妖精の尻尾」通称フェアリーテイルです。

滅竜魔導士のナツと星霊魔導士のルーシィは出会い、
共にフェアリーテイルに加入することを決意します。

バラエティの富んだフェアリーテイルの仲間と共に、
数々の依頼を経験していく中で、常に問題が巻き起こります。

王道ファンタジーものですが、
魔法を使うキャラクターも自分の個性にあった魔法を駆使し、
魔法バトルを前提にストーリーが進んでいくという物語になっています。

⑦ オーバーロード

オーバーロード
2017年「このライトノベルがすごい!」

単行本・ノベルズ部門で第1位になった小説『オーバーロード』を
アニメ化した作品となっています。

RPGゲーム「ユグドラシル」は仮想現実内を楽しめるゲームとされていました。

しかしサービスが終了することになり、
主人公であるモモンガはユグドラシルの中でその瞬間を待っていました。

終わるはずのRPGゲーム「ユグドラシル」は時間がきても
ログアウトされることになりません。

モモンガは自分の作ったゲーム内での最強魔法使いに、
自分がなっていることに気がつきます。

モモンガはその巨大な力を使い、
仮想現実内「ユグドラシル」の中で伝説を作っていくこととなるのでした。

⑧ ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」は
通称「ダンまち」と親しまれ、多くのスピンオフ作品も存在しています。

迷宮都市オラリオには巨大な地下迷宮「ダンジョン」が存在しており、
少年ベルは可愛い女の子との出会いを夢みて、そのダンジョンへと向かいました。

しかしベルはいきなりミノタウロスに襲われてしまうことになりました。

ベルを救ってくれた女冒険者アイズに、
ベルに一目ぼれをしてしまうます。

アイズに釣り合うような冒険者になることを決意するベルですが、
思いもよらぬ騒動に巻き込まれてしまうことになるのです。

⑨ 織田信奈の野望

織田信奈の野望
天下の織田信長が実は女性だったという、
パラレル戦国ラブコメディです。

相良良晴は突然戦国時代にスリップしてしまいます。

そこで出会ったのは、はだけた着物を身につける破天荒な美少女でした。

彼女の名前は織田信長!ではなく織田信奈という姫大名でした。

現世で培った戦国ゲームの知識をフル活用し、
良晴は織田信奈の足軽として、その身を置き、
実際に起きた本能寺の変を回避するべく奮闘する毎日が訪れることになったのです。

⑩ 転生したらスライムだった件

転生したらスライムだった件
通り魔に刺されて死亡した主人公、三上悟は
異世界へと転生していた。

スライムとして。

ヴェルドラの加護をうけ、
リムル・テンペストとなったスライムは、
沢山の魔物を救い「種族関係なく楽しく暮らせる国」を目指し統治を始めます。

しかしリムルやその仲間たちには試練が沢山課せられることになっていくのでした。

スライムという親しみのあるキャラクターに、個性豊かな仲間たち。

後に響くような罪悪感も生まれず、
それぞれに道が差し出されていて、
純粋に楽しむことができることができます。

まとめ:【異世界系おすすめアニメ】おすすめ10選(異世界転生・ファンタジー)についてお勧めポイント

今回は【異世界系おすすめアニメ】おすすめ10選(異世界転生・ファンタジー)について
お勧めポイントについて紹介してきました。

順位もにくく、どれも素敵な作品ばかりなのですが、
ご紹介した作品の中に、
必ず皆さまがハマってしまう作品があると信じています♪

ご紹介しきれなかった作品も沢山ありますが、
【異世界系おすすめアニメ】おすすめ10選(異世界転生・ファンタジー)は
本当に幅広く現在普及していますので、是非ご覧になって下さいね。

最後まで御愛読頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました